消費者金融から40万円を借りる為にはいくつかの条件をクリアしておく

l_153

消費者金融を利用して40万円を借りる為には、いくつかの条件を満たしている必要があります。どの賃金業者を利用するにしても同様ですが、継続した安定した収入があることは欠かせない条件の一つです。

短期的な大きな収入ではなく、継続しての安定した収入があることが大切であり、正社員はもちろんですが、フリーランスやアルバイトでも、安定した収入があれば問題はありません。

年金受給者に関しては事前確認が必要ですが、年齢的なことで申し込み自体が難しいことがありますし、生活保護受給は条件に当てはまらないです。

ほかの賃金業者からの借金がすでにある場合は、トータルしての借金の総額が借入希望額を超えていないようにしなくてはなりません。

銀行カードローンを申し込み時に重要なのは返済比率であり、年収の25%が一般的なローンの返済比率です。それ以上になるといくら希望をする金額を提示しても、お金を借りることはできません。

総量規制の対象となる消費者金融のカードローンは、銀行とは違いますので、借り入れは年収の3分の1まで可能です。

複数の賃金業者からすでに借入をしていて、全ての借金を合計してみた時に、年収の3分の1以上の借金が残っていたら、それ以上の借金はできません

教育ローンや住宅ローンなど、あらかじめ目的が決まっているローンは、総量規制の対象外です。収入のない専業主婦の場合は、銀行系のカードローンの申し込みであれば、夫の安定した収入があればローン申し込みをすることができます。

銀行は総量規制の対象ではないですし、配偶者の収入さえ安定していれば、借り入れのチャンスはあります。

消費者金融ならスピード審査で即日融資も期待

nayamu

確実に40万円を借り入れしたいのであれば、選ぶべきは審査や融資のスピードも速い消費者金融の利用です。

カードローンのサービスを提供する賃金業者を選ぶときに確認をしたいのは、金利はいくらかかるのか、融資までの速さはどうか、審査は通りやすいかなどがあります。

明るいイメージが定着した消費者金融での借り入れをすることには、さまざまな利用のメリットがあります。

申し込みをしてからの審査が早いですし、タイミングにもよりますが、申し込みをしたその日にカード発行や、キャッシングまで対応可能な会社も少なくはありません。

借入をするための自動契約機も数も多いですし、都心に行くほど実店舗数も多くなりますので、すぐに借り入れをしたいときにも対応が早いです。

利用する賃金業者にもよりますが、初回契約であれば30日の無利息など、キャンペーンを提供していることもあるので、はじめての利用者にも安心感が持てます。

メリットが多い半面ででメリットも知っておくとすれば、銀行から借り入れをするより、上限期入りで3%から4%ほど金利が高いです。かなり昔のサラ金時代よりは良くなりましたが、いまだにマイナスのイメージが払拭できない点は否めません。

これからマイホームを持ちたい人などには気になることですが、住宅ローンを申し込むときに、審査に若干の影響がある可能性もあります。

低金利で借り入れをしたいのであれば、銀行鵜のカードローンを利用するのも一つです。総量規制の対象外である銀行では、借り入れの上限は年収よりも銀行の判断になりますし、低金利の商品が多くあります。 

銀行カードローンであれば低金利での借り入れができますし、銀行の商品だけに安心感が高いです。

銀行振り込み以外にも自動契約機を利用する方法も

すぐにでも40万円を借りたいのであれば、スピード対応の消費者金融であっても、申し込みは早めに行うことです。

申し込み時間というタイミングは大事ですし、カードをどういった方法で受け取るかによっても、早くキャッシングできるかは変わります。

利用する賃金業者にもよりますが、銀行口座に振り込みをしてもらう場合であれば、平日の午後14時までには審査を終えて契約管廊にして置かかければなりません。

指定銀行にお金を振り込みする手続きは、午後14時までがタイムリミットなので、手続きがそれ以降の時間になると、当日中には銀行振り込みができません。

14時までに契約を終わらなかった場合は、翌営業日の振り込みになりますので、当日中に銀行に振り込みをしてもらいたいならば、早めの申し込み手続きをすることです。

銀行への入金にこだわることなく、14時のルールを気にしなくても良い方法としては、自動契約機での申し込み方法があります。

申し込みを出来るだけスムーズにするためには、提出をするべき必要書類を揃えておくのも大事なことです。

100万円以上を超えるような高額融資しになると、それだけ提出書類は多くなりますが、50万円以下の小口融資であれば、さほど必要書類は多くはありません

それでも準備を怠るわけにはいきませんし、だからこそすぐに用意をしておいて、手続きを順調に進めることです。

必要書類といっても小口融資なので、本人を証明できる身分証明書の提出だけなので、運転免許証などの証明できる書面を準備します。

消費者金融から限度額いっぱいまで借り入れしたときの対処法

arrow

お金を借りる方法は様々ありますが、注意点もいくつか存在します。

例えば、消費者金融で、限度額いっぱいまで借り入れしてしまうと、それ以後お金を借りることはできません。今までのように、金銭的に困ったときに利用することができなくなるので、不安を感じてしまう人もいるでしょう。

再度お金を借りられるようにするには、今まで借り入れしてきたお金を返済していきましょう。順調に返済していけば、その分だけ借り入れすることができる金額も増えていくことになります。

またお金を借りたい人は、無理なく行える返済計画を練ってみるとよいでしょう。

まず、返済を行う前には、今までのお金の使い方を見直してみる必要が出てきます。消費者金融を利用していると、金銭的な余裕があると勘違いしてしまう人もいますが、あくまでも借りたお金であるということを忘れてはいけません。

お金を借りているという意識を持つことにより、日ごろの無駄遣いを解消することもできるのです。たとえば、お酒などのし好品を好んでいる人は、飲む回数を減らしてみたり、禁酒することによって、日々の生活で使うお金を抑えることができます。

ほかにも、ブランド物が好きな人は、買い集めるように購入するのではなく、本当に気に入ったものだけ購入することでうまく節約していくことが可能になります。

好きなブランド物を少数だけ購入すれば、よりありがたみを感じることができ、大切に使用できるでしょうし好品やブランド物を好まず、質素に生活している人でも、いろいろとチェックすると無駄遣いを行っていたりします。

セールに目がなく、安く売っているものを手あたり次第購入してしまう人は、でかけるまえに本当に使用するものなのかもう一度確認してみましょう。本格的に生活を見直せば、順調に返済を行っていくことができます。

利用している業者に増額の申し込みを検討してみる

増額を行うことで、限度額いっぱいまで借り入れしてしまった人も窮地を切り抜けることができます。

今までは、決められた範囲内で借り入れしてきた人でも、生活が変わることによって、より大きな額を借りたい状況に陥ることも出てくるでしょう。

この場合には、利用している業者に増額の申し込みを行うことにより、借りたい金額を多くできる可能性があります。

増額は、今まで借りていた限度額を高く設定してもらうことで、今までよりも余裕のある状態で融資を受けることができます。

今までとは違って借入額も多くなってくるので、生活にも余裕が生まれてきますし、急にお金が必要になってしまった際にも動揺することなく冷静に対処することが可能です。

今後のことを思ったうえでも、申し込みを行っておくとよいでしょう。ただし、申し込みする際には総量規制の存在に気をつけないといけません。

既に年収の3分の1以上の借り入れを行っている場合には、たとえ増額の申し込みを行っても、審査に通ることができなくなってしまいます。

総量規制は国が定めている法律になるため守る必要があります。そのため、どの消費者金融でも、年収の3分の1以上の借り入れの申し込みされても、審査を落とすほかなくなってしまいます。

もし、年収に対して借り入れしている額が大きいという自覚を持っている人は、総量規制に引っかかることがないか事前に確認を行っておきましょう。

そうすることにより、無駄に審査に申し込みすることを防止できます。

おまとめローンを利用して返済を行っていく

消費者金融で、限度額いっぱいまで借り入れしてしまった時には、銀行で借り入れするという方法も存在しています。銀行だと、新たに審査を受け新規の状態で利用できるため、借り入れできる可能性も高くなっているのです。

銀行は、総量規制の影響を受けず、個人信用機関も消費者金融とは別になっているため、融資を受ける事も可能になっています。ただし、銀行は審査が厳しく、金銭的に不安を感じる相手には融資を行いません。

限度額いっぱいまで借り入れしている人だと、銀行からお金を借りることは難しくなってしまうでしょう。この場合の対処方法として、おまとめローンに申し込みを行ってみるとよいです。

おまとめローンは、限度額いっぱいまで借り入れしてしまい返済が難しくなっている人が利用できます。

気になる利息も低くなっているため、元本も効率的に返済していくことができるでしょう。消費者金融でもおまとめローンを扱っていますが、総量規制の対象外になるため、より大きな額を借りることもできます。

利用する人に利益が生じると判断されるケースでは、総量規制が適用されないため、借金の返済を順調に行いやすくなってきます。

限度額いっぱいまで借り入れしている人の中でも、複数の金融機関から借りている人は、おまとめローンを利用して上手に返済を行ってみるとよいでしょう。

そうすることにより、借金の返済で頭が一杯の状態から、ある程度余裕のある生活を送れるようになってきます。